【巨人】清水隆行氏が分析 直江大輔残念だった5回裏…勝てる投手は点をもらった後にギアを上げる

スポーツ報知
5回無死一、二塁、マウンドを降りる直江大輔(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト2―3巨人(18日・松山)

 巨人がヤクルトに逆転勝ちし3位転落を阻止した。1点を追う7回、大城の二塁打などで1死二、三塁とすると、ベテラン中島がしぶとく右前に落とす2点打を放ち一気に逆転。二走の大城に代走・広岡を送り込んだ原監督の勝負手も奏功した。投げてはプロ初勝利を狙った直江こそ5回途中2失点で降板したが、前日11失点した中継ぎ陣が雪辱の無失点リレー。首位・阪神との2差をキープした。野球評論家の清水隆行氏が分析した。

 * * *

 直江は初回の先頭、塩見をポンポンと2球で2ストライクに追い込み、フォークで3球三振に仕留めた。ベース盤の上にきっちり落ちるキレのあるフォークだった。ああいう形で勝負できるのが理想的だが、今日は全体的なボールの力だったり、制球が甘かった。インサイド要求に対して、しっかり投げきれない場面も多かった。

 慣れないマウンドや天気の影響もあったかもしれない。それでも、ボールの質で勝負していく投手なのだから、その辺りの精度は上げていく必要がある。

 勝つ投手というのは、点を取ってもらった後にギアを上げていける。そういう意味では1点を返した直後の5回裏のマウンドは残念だった。変わりかけた流れを消してしまった。逆に考えれば、点を取った後にしっかり抑えれば、いい流れをキープし勝てる確率は上がっていく。

 ヤクルトの石川は初球のストライク率がすごく高かった。ストライクが先行しているから、有利に勝負を進められていた。さすがの一言。直江はタイプこそ違うが、カウントの進め方などは参考になると思う。ローテの一角として期待は大きいからこそ、チャンスをつかみ取ってほしい。(野球評論家・清水隆行)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請