【晴山由梨きょうも釣り日和】タチウオ80センチ焦らされてようやくご対面…久々の天ビン仕掛けを満喫

スポーツ報知
由梨ちゃんが釣り上げた80センチ級のタチウオ。天ビン仕掛けでは数釣りが楽しめる(浜新丸で)

 釣りガールの晴山由梨が東京湾でタチウオを釣った。今回は最近人気のテンヤ仕掛けではなく、定番の天ビン仕掛けで狙った。内房・富津港の報知指定・浜新丸の乗合船に乗り込み、まずは富津沖へ。しかし、由梨ちゃんは天ビン仕掛けでのタチウオ釣りは2年ぶりとあって、なかなか釣り上げられない。それでも走水沖へ移動した後に80センチ級をゲット。その後は着実に数を伸ばしていった。タチウオに翻弄(ほんろう)されながらも、天ビン釣りの面白さを再認識した由梨ちゃんだった。

 今回のターゲットはタチウオ。最近はテンヤで狙うことが多かったのですが、約2年ぶりに天ビン仕掛けの餌釣りで挑戦です。取材したのは12日。海上には、数日前に通過した台風の影響でウネリが少し残っているみたいです。

 浜新丸は、午前6時に富津港を出ました。まずは港からすぐ近くの富津沖からスタート。ここは浅場で数釣りが期待できるポイントです。濱名良男船長から「水深16メートル。底の方に反応があるから誘ってみて」とアナウンスがありました。さっそく餌のコノシロの切り身をハリに付けて投入。「えーっと、誘い方はこんな感じだったっけ?」久々の天ビン仕掛けでの釣りなので、まずは“肩慣らし”。誘い幅やリールの回転幅をいろいろ試しながら、タチウオの反応を伺います。

 ようやく釣り方を思い出したところで「コツン」とタチウオらしいアタリ。そのままハリ掛かりするまで誘い続けますが、この日のタチウオはやる気がないのか、アタリは最初に出たものだけ。餌を追いかけてきてくれません。台風の影響でデリケートになっているのでしょうか?

 仕掛けを上げてみると、コノシロの切り身は端が食いちぎられて短くなっていました。歯の鋭いタチウオがアタックしてきた証拠です。その後もアタリはあるものの、なかなかハリに掛けることができません。今日のタチウオはなかなか手強いぞ!

 タチウオに振り回されながら、釣りは後半戦に突入。ここで濱名船長は釣り場を走水沖に大きく移動しました。指示ダナ(魚の泳層)は水面下20~35メートル。ここはタナが少し深くなりますが、良型が多くドラゴンサイズと呼ばれる120センチを超えるような大型も交じります。さっそく船中ではポツポツと釣れ始めました。

 こういう時は釣れている人のマネをするに限ります。誘い幅を狭く、そして優しくフワフワと誘っていると、私にもようやくアタリが。そのまま誘い続けると、今度はちゃんとハリ掛かりして竿先がギューンと引き込まれました。この瞬間がたまらない~  ドキドキしながらリールを巻いていきます。なんとか無事に本命を釣ることができました。上がってきたのは80センチ級。まずまずのサイズです。タチウオよ、なかなか焦らしてくれるじゃないの~。

 ようやくコツをつかみ、その後はポツポツと釣ることができました。タチウオ釣りは、なかなか一筋縄ではいきませんが、そこがまた面白くて、夢中になります[おんぷ] 改めて天ビン仕掛けでの釣りの楽しさを実感しました。(タレント)

 ◆晴山 由梨(はれやま・ゆり) 鳥取市生まれ。広島大学教育学部卒。2013年のフィッシングショーで4代目アングラーズアイドルに選ばれた。「YouTubeで『晴山由梨のゆり飯』をやっています。釣った魚の料理や釣り動画を配信しています。ぜひご覧ください。このほかのテレビやイベント出演などについてはインスタグラムなどでお知らせします。チェックしてみてください」

 ◆めも タチウオ釣りの近況、乗合船は富津港浜新丸(TEL0439・87・4967、HPはQRコード参照)。乗合船は午前5時30分集合、集まり次第出船する。乗船は要予約。料金は氷と餌付きで9500円(税込み)。竿、リールのレンタルあり。無料駐車場あり。

 このほか以下の船宿からも乗合船が出る。

 金沢八景弁天屋(TEL045・701・9061)

 走水港関義丸(TEL046・841・7154)

 古宇港吉田丸(TEL055・942・2565)

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請