JUNON×アミューズアイドルオーディション、17歳の磯野泉さんがグランプリ「看板俳優になれるように精進したい」

スポーツ報知
グランプリの磯野泉さん(左は野村周平)

 サザンオールスターズ、福山雅治(52)が所属する芸能事務所・アミューズの男性アイドル発掘オーディション「JUNON×アミューズアイドルオーディション」の最終審査が18日、都内で行われ、新潟県出身の高校3年生・磯野泉さん(17)がグランプリに輝いた。

 最終審査には14人が登場。4、5人で1組となって課題曲を披露。その後、1人ずつ自己PRを行った。

 応募総数8351人の頂点に立った磯野さんは「声が震えて、声が出ないです」と驚きの表情。賞金100万円を獲得(推薦者の友人には賞金50万円)し、「親孝行できたと思います」と喜びをかみ締めた。

 受賞の要因を「あいさつ、返事、笑顔」と自己分析。「アミューズさんの看板の俳優になれるように、これから精進して頑張っていきたい。応援よろしくお願いします」と意気込んだ。

 「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」以来12年ぶりとなる同社の大規模オーディションで、特徴は完全他薦。「ジャンルに縛られず、歌や芝居、ダンス、声優など幅広く活躍できるエンターテイナーになり得る新人を開発・育成していきたい」と企画された。

 前回オーディションのグランプリでプレゼンターの野村周平は「応募総数、何人ですか? 僕は3万人(のグランプリ)ですよ。俺、許せないです(笑い)。おめでとうございます」と冗談交じりに祝福。「選ばれなかった人に(伝えたいの)は、アミューズだけじゃないんで。他に事務所はある。絶対に諦めちゃダメです」とエールを送った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×