木村哲也調教師は3か月の調教停止処分 JRAが第2回裁定委員会開催

スポーツ報知
木村哲也調教師

 日本中央競馬会(JRA)は18日、JRA本部(東京都港区)で「調教師 木村哲也の暴行事案」に関する第2回裁定委員会を開催し、木村哲也調教師に3か月の調教停止処分を発表した。日本中央競馬会競馬施行規程第147号第20号(競馬の公正確保について業務上の注意義務を負う者としてふさわしくない非行のあった者)に該当すると判断し、調教停止期間は2021年7月29日から10月31日までとなった。

 JRAの審判担当、福田正二理事は「本会といたしましては、本日、当該調教師に対して必要な処分を決定するとともに、改めて全調教師に対して再発防止に向けた注意、指導を徹底いたしました。今後、より一層、競馬サークル全体で暴力・パワハラ事案の根絶に取り組んでいく所存です」とコメントした。

 今回の件は、木村哲也調教師=美浦=が2019年12月11日に美浦トレーニングセンターの自厩舎内で、当時所属していた大塚海渡騎手に対して暴行を加えたことについて土浦簡易裁判所から罰金刑(罰金10万円)の略式命令を受け、7月27日に刑が確定。これを受けてJRAは今月4日に第1回裁定委員会を開催。第2回で処分内容を発表するとしていた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請