【こちら日高支局です・古谷剛彦】新人・若杉朝飛騎手に期待 18日スタートのYJSトライアル

スポーツ報知

 今週は、夏競馬で一番の視線が注がれる重賞「札幌記念」が行われる。G1馬4頭を含む9頭の重賞ウィナーが参戦。函館記念の敗戦組が、始動戦となる実績馬を破ったケースが多く、ローカルの芝2000メートルに強いバイオスパーク(牡6歳、栗東・浜田厩舎)を穴で狙う手はあるかもしれない。

 しかし桜花賞馬のソダシ(牝3歳、栗東・須貝厩舎)は、昨年の札幌2歳Sでユーバーレーベンの追撃をしのいだ内容から、軽い斤量を味方に古馬を一蹴する可能性十分。2週前、1週前と迫力ある動きを見せており、オークス(8着)以来でも仕上がりに抜かりはない。ラヴズオンリーユー(牝5歳、栗東・矢作厩舎)も函館での調整が素晴らしく、仕上がり早の牝馬たちが主軸となりそうだ。現時点では、◎ソダシと考えている。

 さて、ホッカイドウ競馬は、12日に「ブリーダーズゴールドC」が行われ、折り返し地点を迎えた。この後、2歳馬は「JBC2歳優駿」(11月3日)への重要なレースが続き、古馬中距離路線は「道営記念」(同4日)を意識する時期に来た。

 その中で、中央と地方のヤングジョッキーたちの争い「YJS(ヤングジョッキーズシリーズ)トライアルラウンド」の東日本地区が、18日に門別競馬場で始まる。門別で開催されるのは5年目だが、短距離の第1戦はJRA所属が3勝、2着2回。中距離の第2戦は北海道所属とJRA所属が2勝ずつという成績。地の利がある北海道所属は、昨年の第1戦以外は、3着以内に必ず入っており、新人の若杉朝飛(あさと)騎手にはぜひ頑張ってもらいたい。(競馬ライター)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請