【甲子園】大阪桐蔭が3本塁打など長打で圧倒 V候補同士の雨中の一戦を制す…降雨コールド

スポーツ報知
8回途中、雨で続行不可能と判断し、選手たちにベンチに戻るよう促す審判団(カメラ・岩崎 龍一)

◆第103回全国高校野球選手権大会第5日 ▽1回戦 大阪桐蔭7―4東海大菅生=8回表1死降雨コールドゲーム=(17日・甲子園)

 優勝候補同士の対戦となった1回戦屈指の好カードは雨が降り続け、グラウンドがぬかるむ悪コンディションの中で強行された。大阪桐蔭(大阪)が3本塁打など長打で得点を重ね、東海大菅生(西東京)を振り切った。

 初回2死二塁から4番・花田のバックスクリーンへの豪快な2ランで先制した大阪桐蔭は3回にも2番・藤原、5番・前田と2本のソロ本塁打が飛び出し、リードを広げた。

 5回に2本の二塁打で1点、1点差に迫られた7回には代打・田近の右越え2点二塁打で突き放した。

 東海大菅生は2点を追う2回、2死から金谷が左前安打で出塁。続く桜井の右前安打を守備がもたつく間に一塁から一気にホームインし、1点。7回には堀町の2点適時打などで3点を返した。さらに8回1死一、二塁としたところで中断。そのまま非情のコールドゲームとなった。

 今春のセンバツで智弁学園(奈良)に初戦敗退した大阪桐蔭にとって、夏は根尾(現中日)、藤原(現ロッテ)らを擁して春夏連覇した2018年以来の出場。まずは初戦の壁を突破し、3年ぶり6度目の夏の頂点を目指す。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×