【日本ハム】栗山英樹監督語った 同僚に暴行の中田翔の今後は「このチームでは難しいかな」

スポーツ報知
栗山英樹監督

 日本ハムの栗山英樹監督(60)が16日、暴行問題を起こして無期限出場停止処分を受けている中田翔内野手(32)について初めて言及した。神戸市内で取材に応じ、「正直、このチームでは(プレーを続けるのは)難しいかな」と発言。今季中の復帰はもちろん、チームへの復帰までも厳しい道のりであるとの私見を明かした。

 現場を預かる代表として、栗山監督は厳しい表情で謝罪の言葉を繰り返した。「ファンの皆さんや、野球界であったり、社会に対して、本当に責任を感じているし、誰が悪いのかと言ったら監督である私自身。本当に申し訳ありません」と頭を下げた。

 騒動が起こったのは、4日のエキシビションマッチ・DeNA戦(函館)の試合前。アップ後のベンチ裏で中田が複数の選手が居合わせる中で、同僚一人に突発的に腹を立てて手を出した。周囲の選手が止めに入ってその場は収まり、中田は予定通り「4番・一塁」で試合出場。しかし、事件を把握した球団側が1回裏終了時で途中交代を命じた上、自宅謹慎を申し渡し、11日には1、2軍全試合の出場停止処分が科された。

 同じユニホームを着て戦う仲間への愚行。指揮官はチームへの影響も考慮した上で、「(復帰まで)すごく時間はかかる。今すぐにプレーしてという感じではない。それくらい重く受け止めている」と今季中の復帰は厳しいとの見通しを示唆。さらに、私見として「何となく感じているのは、正直、このチームでは(プレーを続けるのは)難しいかなと、ちょっと思っていて」と、再び同じユニホームを着て戦うことの難しさも打ち明けた。

 ただ、その一方で「彼の人生にとって野球はやるべきだと思っている。野球を辞めさせろって意見が出てくるのも、もちろん分かるけど、謝って許されるのであれば、もう1回やり直すチャンスはどこの社会でも考えてあげるべきだと考えている」と言及。再出発の機会を与えたいとする親心ものぞかせた。

 現実的に今季中の日本ハムでの復帰が厳しいとなれば、可能性が出てくるのは他球団への移籍だが、「他のところにお願いしますよと言ったって、この状況で手を挙げて、何とかしてあげようということがあるのか分からないけど…」と複雑な表情で話した。12年の監督就任から4番で起用。特別な存在だからこそ、様々な思いを抱えている。

 ◆指揮官に聞く

 ―処分後に中田選手と話はしたか。

 「面と向かって話はしてないけど、1回電話で長い間話し込んだ」

 ―どのような話を。

 「逃げてはダメ。そのことを受け止めないとダメなんだって。本人は反省して受け止めようとしているのは事実。一回、裸になって『すみませんでした』と、次のステップを踏むためにはちゃんと謝って、受け止めて我慢して前に進むしかないということはしっかり伝えたつもり」

 ―チームに戻る可能性もある。

 「それは球団の判断だし、ゼロではない。だけど、今すぐうちのチームで『はい、どうぞ』っていうことではない。それが、彼の立場として本当にいいのかどうかというのも考えている」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請