中山咲月、初フォトエッセーでトランスジェンダー&無性愛者を公表

スポーツ報知
初フォトエッセーの発売によせてトランスジェンダーであることを公表した中山咲月

 「仮面ライダーゼロワン」の亡(なき)役を務めたモデルで俳優の中山咲月が9月17日に初のフォトエッセー「無性愛」(ワニブックス刊)を発売し、同時に自身がトランスジェンダーであることを公表した。

 中山はフォトエッセーの発売に寄せて「皆さんに、改めて報告したいことがあります。自分、中山咲月は、トランスジェンダーです。今まで女性役を演じたこともありますが、女性として認識されることは辛く、性別という枠を越えて俳優業をやらせていただきたいと心に決めました」と告白。「トランスジェンダーというと、『じゃあ女性が好きなの?』と聞かれることがありますが、自分はこれにプラスして無性愛者(asexual)の特性も持っています」と無性愛者であることも明かした。

 中山は13歳にモデルデビューし、ジェンダーレスな活躍をしてきた。今回の公表について「共感してほしい、理解してほしいのではなく、知ってほしい。周りに伝えていくことが『自分の理想』を押し付けてしまうようで、ずっと怖かったんだと思います」と葛藤があったとし「でも、自分の気持ちにフタをせず、自分らしく生きてみようと、やっと踏ん切りがつきました」と思いを込めた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×