【広島】2人目の天敵・秋山拓巳は攻略できず…自力V再消滅の佐々岡監督「あと1本というところで」

スポーツ報知
ベンチで険しい表情の佐々岡監督(右)

◆JERAセ・リーグ 阪神3―0広島(15日・京セラドーム大阪)

 2連敗の広島は、7月13日に復活していた自力優勝の可能性が再び消滅した。

 今季9度目の完封負け。阪神先発の秋山に対し、4回までに7残塁と攻めきれなかった。右腕との対戦は昨年から11試合連続で黒星を付けられず、この間に8勝を献上している。佐々岡監督は「前回(の対戦で)対策を練った中で、ある程度は崩し、きょうもヒットが出ている。あと1本というところで、秋山君にうまくかわされたという感じ」と唇をかんだ。

 同じ阪神の投手では、昨年は1度も勝てなかった西勇を今季は攻略。4度の対戦で3度、勝利している。指揮官は右腕をノックアウトした7月2日に「もう1人、天敵がいますから」と秋山を意識していたが、2人目の天敵は突破できないままだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×