【伊勢崎オート】篠原睦が笑顔のSG初優勝―オートレースグランプリ

優勝した篠原睦
優勝した篠原睦

 伊勢崎オートレース場で行われたSG「第25回オートレースグランプリ」優勝戦は最終日の15日第12レースで、8選手により10周回(5100メートル=湿走路)を0メートルオープン戦で争われた。レースは、2枠から会心のスタートを決めた篠原睦(44)=飯塚・26期=が序盤から先頭を奪って逃げる形に。2番手につけた人気の鈴木圭一郎からのプレッシャーに最後まで耐え抜き、首位の座を譲らずにゴール。1999年のデビュー以来、自身初となるSGタイトルを獲得した。2着には鈴木、3着には重富大輔が入った。

 篠原睦「これは夢じゃないでしょうね!?いやあ、あるんですねえ、こんなことが!最高のスタートが切れて逃げましたが、いつやられても仕方ないという気楽な気持ちで走りました。10周回は本当に、しんどかったですが、楽しくもありました。周りからSGを取ってほしいと言われ続けていましたが、自分が一番欲しかったです。お盆ということで、父(元レーサーの忠次さん)が天国から力を貸してくれたんだと思います」

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請