【DeNA】南場智子オーナー「残りも全力で戦ってまいります」故郷の新潟で2年ぶり開催も4連敗

スポーツ報知
2回無死、右越えに先制のソロ本塁打を放つ宮崎敏郎

◆「JERAセ・リーグ」DeNA1―4ヤクルト(15日・HARD OFF ECOスタジアム新潟)

 後半戦初戦を迎えたDeNAが、ヤクルトに逆転負けを喫して黒星発進となった。2回に宮崎の9号ソロで先取点を奪ったが、6回に今永が2死満塁でオスナに逆転の左前2点適時打を浴びた。

 新潟は南場智子オーナーの故郷で、DeNAはこれまでも毎年のように主催試合を行ってきた。昨年はコロナ禍で開催されなかったが、16年から4連敗(17年は中止)。この日も球場で視察した南場オーナーは「2年ぶりの新潟開催。心待ちにされていたファンの方々に久しぶりに試合を見ていただくことができてとても嬉しく思います。また開催にあたり入念な準備に時間を割いていただきました関係者の皆様に感謝申し上げます。まだまだコロナ禍ではありますが、熱いプレーをお見せしてファンの方々に元気をお届けすることができるよう、残りのシーズンも全力で戦ってまいります」と球団を通してコメントした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請