【DeNA】今永昇太踏ん張れず後半戦黒星発進 勝てば単独4位浮上も奥川の前に打線沈黙

スポーツ報知
6回のピンチに、マウンドの今永(右から2人目)のもとに集まるDeNAナイン

◆「JERAセ・リーグ」DeNA1―4ヤクルト(15日・HARD OFF ECOスタジアム新潟)

 後半戦初戦を迎えたDeNAが、ヤクルトに逆転負けを喫して黒星発進となった。

 中日、広島が敗れたため勝てば最下位から一気に単独4位浮上となる一戦だったが、踏ん張りきれなかった。DeNAは2回に、先頭の宮崎が右翼ポール際へ先取点となる9号ソロ。「後半戦、最初の試合ということで積極的にいきました」。前半戦最終戦の7月14日阪神戦(甲子園)の最終打席でも本塁打を放っており、1か月をおいての2打席連続本塁打となった。

 先発は今永。5回まではヤクルト打線を封じた。初回は2死三塁とピンチを迎えながら村上を空振り三振。2、3回は2イニング連続3者凡退で抑えた。4、5回は得点圏に走者を置きながら無失点。1点のリードを守った。

 だが苦しいマウンドになったのが6回。2死二塁から山田、村上の侍ジャパンコンビに連続で四球。2死満塁のピンチとなると、オスナに左前2点適時打を浴びて逆転を許した。さらに7回にも2死一塁から塩見に右中間への適時三塁打を被打。7回途中で今季最多112球を投げて6安打3失点(自責2)で降板。今永は「山田選手、村上選手を過度に警戒し過ぎてしまい、際どいボールを見極められ、四球で歩かせてしまったことはもったいなかったです」と悔やんだ。

 頼みの打線もヤクルト先発・奥川の前に7回4安打止まりで、宮崎の一発による1点が精いっぱいだった。3点を追う8回には2死二、三塁の好機を迎えたが、伊藤光がヤクルト2番手・清水の前に空振り三振に倒れた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請