【小倉記念】格上挑戦モズナガレボシが重賞初V 松山弘平騎手「自在性も強み」

モズナガレボシ(左)がヒュミドールとの追い比べを制す(カメラ・高橋 由二)
モズナガレボシ(左)がヒュミドールとの追い比べを制す(カメラ・高橋 由二)

 ◆第57回小倉記念・G3(8月15日、小倉・芝2000メートル、稍重)

 サマー2000シリーズ第3戦は9頭立て(アールスターは出走取消)で争われ、6番人気でハンデ53キロのモズナガレボシ(牡4歳、栗東・荒川義之厩舎、父グランプリボス)が、松山弘平騎手を背に、直線で外から脚を伸ばし、重賞初挑戦制覇を飾った。3勝クラスからの参戦で、昨年のアールスターから2年連続で格上挑戦Vとなった。勝ち時計は、1分59秒7。

 5番人気のヒュミドール(幸英明騎手)が半馬身差の2着に続き、4コーナーで内をついて浮上した8番人気のスーパーフェザー(武豊騎手)がさらに2馬身半差の3着に粘った。

 松山弘平騎手(モズナガレボシ=1着)「枠(9番)が良かったですし、向こう正面でペースが上がったときに脚をためられたのも良かったと思います。しっかり脚をためて、いい脚を使ってくれました。本当に乗りやすい馬で、道中は楽でやりたい競馬ができました。自在性があり、そのあたりも強みだと思います。たくさんの方々が応援してくれているのは本当にうれしいです。また多くの方が競馬場にきていただき、応援してもらえるように頑張ります」

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×