井上尚弥 リゴ倒したカシメロを「自分がたたきのめしたいと本気で思った」

スポーツ報知
井上尚弥 

◆プロボクシング ▽WBO世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 〇ジョンリール・カシメロ (判 定) ギジェルモ・リゴンドー●(14日=日本時間15日、米国カリフォルニア州カーソン ディグニティ・ヘルス・スポーツ・パーク)

 WBO世界バンタム級王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)が挑戦者のWBO4位ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)に判定勝ちし、4度目の防衛に成功。WOWOWの中継でゲスト出演したWBA&IBF世界同級統一王者・井上尚弥(大橋)は「正直、この試合はカシメロに勝ってと思っていたけど、最後、ああいう態度を見せられると、自分がたたきのめしたいと本気で思った。ファンの期待に必ず応えたい」と言葉に力を込めた。

 リゴンドーの徹底した足を使うアウトボクシングに「ここまで手を出さないでやられたらボクシングにならない」と疑問符をつけた井上。「だれもが予想しなかった、カシメロの判定勝ちになりましたね」とカシメロが勝つならKO勝ちと読んでいただけに驚いた様子。同時に打倒カシメロへの思いに火が付いたようで、現時点ではWBC王者のノニト・ドネア(フィリピン)との交渉を続けているが、「いち早くカシメロとやりたいなと思いました」と明言。どう闘うかを聞かれると「倒します!」と言い切った。

 現時点ではジムワーク中心の練習だが、すでにスパーリングも始めているそうで、次戦に向けた練習メニューを順調に消化している。「次はドネア、最後は井上だ」などカシメロの挑発に「ああいうことをされるとモチベーションも上がるし、ムンムンとする。近いうちに闘うだろうから、楽しみにしてください」とファンに誓っていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×