張本勲氏、生放送で入江聖奈への発言を謝罪「反省しています。以後、気を付けます」

スポーツ報知
張本勲氏

 野球評論家の張本勲氏が15日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・午前8時)にリモート生出演した。

 張本氏は、先週放送の同番組で東京五輪女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈について「女性でも殴り合いが好きな人がいるんだね。見ててどうするのかな?嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね。こんな競技好きな人がいるんだ」とコメントした。この発言について日本ボクシング連盟が10日に「ボクシングを愛している方々のためにも、女性ボクサーを誤解されたくない」とTBSへ抗議文を送った。

 TBSは12日に文書で同連盟へ謝罪した。その中で張本氏自身は「私は元々ボクシングが大好きで、白井義男さんやファイティング原田さんが世界チャンピオンになった時に、飛び上がって喜びました。今回、入江選手が金メダルを取った時も、飛び上がって喜んでいました。今回の私の発言は言葉が足りませんでした。入江選手の快挙を称えると共に、自分も金メダルを取れるのではと思って、ボクシングをやる女性が増えてほしいということを本当は言いたかったのです。言葉足らずで反省しています」とコメントを寄せていた。

 この日の番組では、午前9時過ぎのスポーツコーナの前に関口が「番組からお詫びをしなければなりません。唐橋さんよろしく」と唐橋ユミアナウンサーに振った。

 これを受けて唐橋アナが「先週のスポーツコーナーで張本勲さんのコメントの中で女性及び、ボクシング競技を蔑視したと受け取られかねない部分があり、日本ボクシング連盟より抗議文が寄せられました。不快に思われた関係者のみなさま、そして視聴者のみなさま大変、申し訳ございませんでした」と謝罪した。 関口は「私も会話の途中でも間違いを正せば良かったかということを反省をさせられました」とコメントした。張本氏も「今回は言い方を間違えて反省しています。以後気を付けます」と頭を下げていた。

 これに関口は「よろしくお願いします」と応じた。その上で「いろんな方にご迷惑をかけた。まずボクシング連盟、それから視聴者の方々にお詫びをしなければなりません。これからは気を付けてまいりたいと思います」と頭を下げていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請