【甲子園】天候不良のため試合開始時間を遅らせて開催へ…明桜・風間にまた試練

スポーツ報知
中止となった大会3日目

 第103回全国高校野球選手権大会(甲子園)の大会本部は15日、天候不良のため、第1試合の開始時間を午前8時から遅らせると発表した。天候の回復を待って試合を行う予定。

 第1試合には、今秋ドラフト1位候補の157キロ右腕・風間球打(きゅうた、3年)を擁する明桜(秋田)が登場し、帯広農(北北海道)と対戦する。風間は12日の試合に先発し、ノーヒットノーランを継続したまま4回終了後にノーゲームに。13、14日の順延を挟んで、この日も試合開始が大きく遅れる見通しとなっており、試練が続くことになりそうだ。

 今大会は前日(14日)まで3日連続で順延となるなど、すでに計4日順延。雨にたたられ、日程消化が大幅に遅れている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請