【甲子園】東北学院の選手1人がPCR検査で陽性 ほかに陽性者はなし

スポーツ報知
東北学院ナイン

 第103回全国高校野球選手権大会(甲子園)の大会本部は14日、東北学院(宮城)の選手1人がPCR検査で陽性判定が出たと発表した。13日に発熱し、同日夜とこの日朝の2回、PCR検査を行い、ともに陽性だった。当該選手は現在、宿舎で待機しているという。

 春夏通じて初出場の東北学院は、11日の愛工大名電戦で初勝利。選手は12日にPCR検査を受けた際は、全員陰性だった。なお、この日朝のPCR検査で、ほかに陽性者はいなかった。 チームは濃厚接触についての保健所の判断が出るまで、宿舎のそれぞれの個室で待機しているという。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請