【巨人】桜井俊貴がビシエド斬りで383日ぶりの勝利投手に

スポーツ報知
巨人4番手の桜井俊貴

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人4―2中日(13日・東京D)

 巨人の桜井俊貴投手が8回2死一塁でビシエドを迎えた場面でリリーフ。最後は三ゴロに仕留めてこの回を無失点で切り抜けた。

 その裏に味方が勝ち越し、勝利投手となった。桜井の白星は20年7月26日のヤクルト戦以来、383日ぶり。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請