柔道金・阿部一二三が巨人戦で始球式 背番号123で「しっかりノーバンで投げられて良かった」

スポーツ報知
始球式を務める東京五輪柔道男子66キロ級の金メダリスト・阿部一二三

 東京五輪柔道男子66キロ級金メダリストの阿部一二三(24)=パーク24=が13日、プロ野球後半戦開幕の巨人―中日戦(東京D)で始球式を務めた。

 阿部は名前にちなんだ背番号「123」のユニホームで登場すると、歓声に両手を振って応えた。マウンドでは同じ兵庫県出身で金メダリストの坂本勇人からボールを受け取り、捕手の小林誠司のミットへノーバウンド投球。「結構緊張しましたね。しっかりノーバンで投げられて良かった。始球式はずっとやりたいと思っていたので、うれしかったです」と笑顔で大役を終えた。

 五輪後は走り込みは続けているが、休養を優先し、稽古や実戦出場の予定は未定だ。ただ、憧れの野村忠宏さんの五輪3連覇を超える「4連覇」を目標に掲げるだけに、金メダルの結果には満足していない。「4連覇という思いがあるのでやりきったとは全然思ってない。やっと1回優勝できて、スタートラインに立てた。次はパリ五輪。あと3年しかないので、より一層頑張っていかないといけない」と手綱を締め直した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請