【阪神】佐藤輝明、後半戦第1打席は見逃し三振 新人最多の122三振を記録

スポーツ報知
2回、見逃し三振に倒れた佐藤輝明

◆JERAセ・リーグ 阪神―広島(13日・京セラドーム大阪)

 阪神の佐藤輝明内野手が新人ワーストとなる122三振目を喫した。

 4点を追う2回1死からの後半戦第1打席。2ボール2ストライクから大瀬良の外角低めカットボールを見逃し三振。前半戦最終戦となった7月14日のDeNA戦(甲子園)で99年・福留の新人記録121三振に並んだが、シーズン再開後すぐに歴代ワーストを記録した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請