関西女子、快進撃で初の16強入り決めた!...第13回関西さわやか大会決勝トーナメント

初の16強入りを決め喜ぶ関西女子ナイン
初の16強入りを決め喜ぶ関西女子ナイン

◆第13回関西さわやか大会決勝トーナメント  ◇中学1年生の部 ▽1回戦 関西女子10-5藤井寺ボーイズB=タイブレーク=(7日・奈良第二浄化センターほか)

 「第13回関西さわやか大会」の決勝トーナメント1回戦が行われ、関西女子が初の16強入りを決めた。藤井寺ボーイズ(大阪中央支部)との一戦は、延長でも勝負がつかずタイブレークへ突入。その8回に一気に6点を奪い、勝利を手にした。

 初進出となった決勝トーナメントでも、関西女子が強さを発揮した。タイブレークの8回だ。まずは1死満塁から4番・西上が右前へ2点打。なおも2死二、三塁から瀬が右前へ2点打。さらに、宇都宮も「ボールを上からしっかりたたけたのが良かった。チャンスで自分もつなぐことができて良かった」と左中間へ適時二塁打を放つと、福永にもタイムリーが飛び出し、一気に6点を奪った。

 その裏を4回から2番手で登板した瀬が、1失点で切り抜けた。そのリリーフ投手は、投球だけでなく、バットでもチームを救った。3点を追う6回1死一、二塁から中越えへ3ラン。「真ん中のストレート。芯で捉えることができた。自分でもビックリの飛距離でした!」。無得点なら試合が終わっていた状況での起死回生の同点アーチ。打った本人だけでなく、ベンチの誰もが笑顔になった。

 2011年から出場する関西さわやか大会で、初めて奈良県支部トーナメントを突破しただけでなく、堂々の16強入り。「ここから先は未知のステージなので、これまでの自分たちを超えられるよう頑張る」と瀬。この勢いは簡単には止まらなそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請