東京五輪銀メダルの女子バスケに報奨金500万円 規定より増額 三屋会長「『金メダル』級の快挙」

スポーツ報知
銀メダルを手に笑顔を見せる日本チーム

 日本バスケットボール協会は13日、東京五輪で史上初の銀メダルを獲得した女子日本代表への報奨金について、規定から200万アップの1人あたり500万円を授与すると発表した。

 同協会の規定では、1人あたり金メダル500万、銀メダル300万、銅メダル100万円と定められていたが、三屋裕子会長は「日本バスケットボール界にとって『金メダル』級の快挙であった」とし、12日の理事会にて、金メダルと同額とすることが決まった。

 また、チームスタッフ11人と、スポーツパフォーマンス部の佐藤晃一部会長には200万円が贈られる。

女子代表を率いたトム・ホーバス監督には、契約に従い、別途授与される。

 三屋会長は「選手、スタッフに対する敬意を少しでも形にできたことを心よりうれしく思います。ホーバス監督が評したように、今回のチームはスーパースターこそいませんでしたが、まさにチーム一丸となった結果の『スーパーチーム』でした」とコメントした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請