河村たかし市長、会見での投げやり姿勢に厳しい声続出「半ば開き直りのよう」「ふてくされている感がやばい」

スポーツ報知
河村たかし名古屋市長

 名古屋市の河村たかし市長が12日、会見を開き、東京五輪ソフトボール日本代表メンバーで名古屋市出身の後藤希友投手の金メダルを突然かんだ問題で、金メダルの交換について「出来る限り後藤選手の意向に沿った形で対応して頂きたい」と考えを話した。交換にかかる費用は「個人で負担させて頂きます」とした。自身の処分については「何とも難しいですね。時間もかかるし。責任はありますので」と明言を避けた。

 質疑応答の中で河村市長が「誠に申し訳なかったと、繰り返して言うよりしょうがないでしょう、これね」と発言する場面があり、記者から「しょうがないってどういうことですか。そういう投げやりな態度なんですか?」と問われ、「投げやりじゃないよ。じゃあ訂正しますよ。今回のことは申し訳ありませんでしたということですよ」と発言を訂正する場面があった。

 SNSやネット上では「でも結局出処は名古屋市民税やん?せめて退職金減らそーぜ」「何かどうにでもなれって感じに見えた」「『負担したら良いんでしょ』という半ば開き直りのような感じでしか受け取れません」「会見見ているけど、ふてくされている感がやばい」「会見、なんだよあれ…」など厳しい声が多数上がっている。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請