河村たかし市長、金メダル交換費用は「個人でね、当然負担させて頂きます」…JOC山下会長から「指導」

スポーツ報知
河村たかし名古屋市長

 名古屋市の河村たかし市長が12日、会見を開き、東京五輪ソフトボール日本代表メンバーで名古屋市出身の後藤希友投手の金メダルを突然かんだ問題で、金メダルの交換について「出来る限り後藤選手の意向に沿った形で対応して頂きたい」と意向を話した。交換にかかる費用は「個人で負担させて頂きます」とした。

 河村市長は会見冒頭で「基本的に行き過ぎた発言がありまして、ご不快な思いをさせまして大変申し訳ありませんでしたと、深く反省をしております」と後藤選手に謝罪。

 「私の発言の次の日に山下JOC会長の指導を頂きまして後藤選手本人、ソフトボール協会に謝罪文を出してまして、謝罪文は届いているということであります。現在は山下さんからの指導を待っているということでありまして」と明かし、今後のメダルの交換などの対応について「とにかく出来る限りというか、後藤選手の意向に沿った形で対応して頂きたいとお願いをしている所であります」と話した。

 交換にかかる費用には「私も河村たかし個人で負担というか、どういう言い方がいいのか、出させて頂きたいのですが、と。ちょっと“てにをは”はちょっとあれですけど」とし、現在の状況について「山下さん本人に言いましたが、そこのことは決まっていないので、ご本人のお話ですが。山下会長も後藤選手の意向に沿った形でということを言っていましたけど。あとは山下会長にお任せをしておると、ご指導を待っておると、そういう風に言ってくださいということでした」と語った。

 質疑応答で費用に関して聞かれると「はっきり決まっていないと。それは山下会長に対応をお任せしておると。それは個人でね、当然負担させて頂きます」と改めて個人で支払う意向を明かした。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請