【日本ハム】中田翔、同僚への暴力で1、2軍無期限出場停止…4日の試合前に腹立て「自分が全面的に悪い」

スポーツ報知
中田翔

 日本ハムは11日、中田翔内野手(32)にチームメートへの暴力行為を行ったとして、1、2軍全試合の出場停止処分を科したと発表した。4日のエキシビションマッチ・DeNA戦(函館)の試合前、同僚選手1人に対して突発的に腹を立て暴力行為に及んだ。札幌市内の球団事務所で取材に応じた川村浩二球団社長兼オーナー代行(60)は、処分期間を無期限とする方針を説明した。

 日本ハムに激震が走った。後半戦再開の直前。球団の顔とも言える中田の同僚への暴力行為が発覚した。川村球団社長は「彼の行った行為は、プロ野球が青少年の健全な育成に寄与すること、多くのファンに夢を与えることといった信頼を損ない、傷つけるもの。球団としては、この事実を重く受け止めて、野球協約にのっとって、厳正な対応をしようと判断した」と強い意志を示した。

 騒動が起こったのは4日。函館で行われたエキシビションマッチ・DeNA戦の試合前だった。アップ終了後のベンチ裏で同僚1人に暴力行為を行った。複数の選手が居合わせる中で、突発的に腹を立てて手を出し、周囲の選手が止めに入り場は収まり、中田は予定通り「4番・一塁」で試合に出場した。だが、事件を把握した球団側が1回裏終了時で途中交代を命じ、自宅謹慎を申し渡した。

 被害選手に大きなけがはなく、病院にも行っていない。2人の間に特別な背景はなく、普段は懇意な間柄だった。中田は「自分が手を出した。自分が全面的に悪い」と事実を認め、当日中に被害選手に謝罪。しょく罪の意思を示し、現在は自宅謹慎中だ。だが「謝罪をしたから許される話ではない。今、具体的な期日は申し上げられない」と川村社長。信頼回復と再発防止の見通しが立たない限り、無期限の出場停止処分を科す方針を明かした。

 3年契約最終年の今季は不振に苦しんでいた。4月7日ソフトバンク戦(札幌D)ではベンチでバットを叩き折ったあと右目を強打し途中交代。5月17日には再調整を直訴し、一度登録を抹消された。6月4日には1軍に復帰したが、9日にすぐさま腰痛のため離脱。昨季からコロナ禍による外出禁止などを含め、自身のストレスになっていることも口にしていた。

 現場を預かる栗山英樹監督(60)からは球団へ「責任を感じている。大変申し訳ない」と謝罪があった。指揮官も大きなショックを感じているという。チームは最下位からの逆襲を図っていた最中。選手内に走った動揺も大きく、13日から再開される後半戦への影響は避けられない。

 ◆野球協約 第60条(処分選手と記載名簿)=一部抜粋=

 選手がこの協約、あるいは統一契約書の条項に違反し、コミッショナーあるいは球団により、処分を受けた場合は、以下の4種類の名簿のいずれかに記載され、いかなる球団においてもプレーできない。

 (1)出場停止選手と出場停止選手名簿(サスペンデッド・リスト)

 球団、あるいはコミッショナー、又はその両者は、その球団の支配下選手に対し、不品行、野球規則及びセントラル野球連盟、パシフィック野球連盟それぞれのアグリーメント違反を理由として、適当な金額の罰金、又は適当な期間の出場停止、若(も)しくはその双方を科すことができる。球団、あるいはコミッショナー、又はその両者によって出場停止処分を科された選手は、コミッショナーにより出場停止選手として公示され、出場停止選手名簿に記載される。

 ◆出場停止 過去、出場停止処分となった事案には、禁止薬物使用、不適切行為などがあり、最近では、19年9月に広島のサビエル・バティスタ外野手が、ドーピング検査で禁止薬物の陽性反応を示したため、6か月の出場停止処分を科された。

 ◆中田 翔(なかた・しょう)1989年4月22日、広島市生まれ。32歳。大阪桐蔭高では当時の高校野球記録の通算87本塁打をマークし、甲子園に3度出場。07年高校生ドラフト1巡目で日本ハムに入団。14、16、20年に打点王。13、14年は外野手、15、16、20年は一塁手でベストナイン5度。15、16、18、20年にゴールデン・グラブ賞4度。13、17年WBC日本代表。184センチ、106キロ。右投右打。家族は夫人と2男2女。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請