【日本ハム】中田翔の出場停止は無期限 川村浩二球団社長「具体的な期日は申し上げられない」

日本ハムの川村浩二球団社長兼オーナー代行
日本ハムの川村浩二球団社長兼オーナー代行

 日本ハムは11日、中田翔内野手(32)に、チームメートへの暴力行為を行ったとして、1、2軍全試合の出場停止処分を科したと発表した。4日のエキシビションマッチ・DeNA戦(函館)の試合前、同僚選手1人対して突発的に腹を立て暴力行為に及んだ。札幌市内の球団事務所で取材に応じた川村浩二球団社長兼オーナー代行(60)は、処分期間を無期限とする方針を説明した。

 「多くのファン、関係者の皆様にご心配をおかけし、深くお詫び申し上げます。どんな社会であれ、暴力は決して許されない。中田選手は長年、球団の主力選手であり、顔であります。本来は全選手の模範とならなければならない存在。彼の行った行為は、プロ野球が青少年の健全な育成に寄与すること、多くのファンに夢を与えることといった信頼を損ない、傷つけるもの。中田選手は深く反省しており、被害を受けた選手も大事にしたくない、という意向はあったが、球団としては、この事実を重く受け止めて、野球協約に則って、厳正な対応をしようと判断した」

 事件が起こったのは8月4日。函館で行われたエキシビションマッチ・DeNA戦の試合前に、同僚1名に暴力行為を行った。アップ終了後のベンチ裏。複数の選手が居合わせる中で、突発的に腹を立てて手を出した。周囲の選手が止めに入り場は収まり、中田は「4番・一塁」で試合に出場。だが事件を把握した球団側が1回裏終了時で途中交代を命じ、自宅謹慎を申し渡した。

 被害選手に大きなけがはなく、病院にも行っていない。2人の間に特別な背景はなく、普段は懇意な間柄だった。中田は「自分が手を出した。自分が悪い」と全面的に事実を認め、当日中に被害選手に謝罪。しょく罪の意思を示し、現在は自宅謹慎中だ。

 川村球団社長は「謝罪をしたから許される話ではない。(期間について)今、具体的な期日は申し上げられない」と説明。信頼回復と再発防止の見通しが立たない限り、無期限の出場停止処分を課す方針を明かした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請