【DeNA】牧秀悟が将来の侍ジャパンへ「目指したい」 元大学侍同僚の森下、伊藤の活躍に「すごい刺激」

スポーツ報知
牧秀悟

 DeNAの牧秀悟内野手(23)が11日、将来の侍ジャパン入りへ夢を膨らませた。

 金メダルを獲得した東京五輪では、19年7月の日米大学野球選手権で、大学日本代表でともに戦った広島・森下、日本ハム・伊藤が大活躍。牧も侍ジャパンの戦いぶりを「自分も気持ちが入った」と言い、テレビの前で声を出しながら声援を送っていた。

 森下とは後半戦、対戦する可能性も高い。2人の活躍に「年齢も近いのですごい刺激をもらいました」。自身も将来へ向けて「森下さんが日本代表になっているので負けてられない。目指していきたい」と意気込みを口にした。

 ドラフト2位ルーキーながら、前半戦は81試合に出場して、12本塁打38打点、打率2割7分7厘と期待を上回る働きを見せた。だが、交流戦後に腰を痛めると、スタメンを外れることも増えた。状態が回復したエキシビションマッチでは2本塁打、6打点でチーム内2冠。14日のヤクルト戦(新潟)から始まる後半戦へ向けて「いい状態に上がっていると思います。守備力は全然まだまだだけど自分のアピールはバッティング。後半戦は勝ちにつながるバッティングが出来ればと思います」と意気込んでいた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請