【甲子園】 日本航空のバデルナが東明館を完封

スポーツ報知
力投する日本航空・バデルナ・フェルガス

◆第103回全国高校野球選手権大会第1日▽1回戦 日本航空4―0日本航空(10日・甲子園)

 13年ぶりに出場した日本航空(山梨)が、春夏通じて甲子園初出場の東明館(佐賀)を4―0で破り、2005年夏以来となる聖地での勝利を挙げた。

 エース左腕バデルナ・フェルガス(3年)が、粘りの投球を見せた。1~4回は、いずれもスコアリングポジションに走者を背負いながら、ストレートとスライダー、カーブのコンビネーションで打者のタイミングを外してしのいだ。

 父はドイツとハンガリーの両親の間に生まれ、母は香港出身。188センチと身長に恵まれ、長い腕をしなやかに振って甲子園デビューを完封という最高の形で飾った。

 先取点を挙げたのは6回裏。2死一、三塁の場面で、ダブルスチールの奇襲を仕掛けた。相手捕手が二塁ベースに向かって送球する間に、三塁走者の久次米陸士遊撃手(3年)がスタート。遊撃手からの送球を受けた東明館・加藤晴空捕手(3年)のタッチを回り込んで避け、左手でホームベースにタッチした。8回裏には3点を追加し、バデルナを援護した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請