フェンシング金メダリスト見延和靖「手の震えが止まりません」 所属先から報奨金1億円!

スポーツ報知
所属先のメダル報告会に出席した見延和靖(中央)

 フェンシング男子エペ団体で金メダルを獲得した主将の見延和靖が10日、群馬県高崎市内で行われた所属先のネクサス株式会社のメダル報告会に他の所属選手やコーチらと出席した。

 長きにわたってフェンシング界をけん引し、金メダルの快挙を成し遂げた見延に所属先から報奨金1億円が贈呈された。同社の星野敏代表から受け取った見延は、驚きの表情で「手の震えが止まりません。本当に感謝の気持ちしかないです。しっかりと自分の競技、競技力向上に使っていきたいと思います」と喜んだ。

 星野氏は「男子エペ団体というフェンシング界で一番価値がある種別で金メダルを取ったので、1億円以上の価値があると個人的には思っています」と理由を述べた。星野氏は過去にフェンシング経験があり、社会人になっても五輪出場を目指し、競技を続けていた。しかし遠征費などは自己負担で、競技に打ち込むにつれて貧乏になっていたという。「フェンシングを続けても何か夢をつかめるよっていうのを実現させたかったんです」と語り、これからのフェンシング界への気持ちも込めた報奨金であったことを明かした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×