大迫傑6位入賞で有終の五輪男子マラソン中継視聴率は31・4%

スポーツ報知
力走する大迫傑

 現役ラストレースの大迫傑(ナイキ)が6位入賞を果たした8日の東京五輪陸上男子マラソンがNHK総合で中継され、番組後半(午前8時5分~9時38分)の世帯平均視聴率が31・4%だったことが10日、分かった。個人視聴率は17・7%を記録し、シェアを示す個人全体の視聴占拠率は54・0%に達した。

 なお、番組前半(午前7時20分~8時)は世帯23・3%、個人12・6%をマーク。個人全体の視聴占拠率は50・3%だった。

 大迫は五輪では日本男子最速の2時間10分41秒で6位入賞を果たした。日本人では12年ロンドン五輪6位の中本健太郎以来、2大会ぶりの入賞。中村匠吾(富士通)は2時間22分23秒で62位、服部勇馬(トヨタ自動車)は2時間30分8秒で73位。世界記録保持者のE・キプチョゲ(ケニア)が2時間8分38秒で2連覇した。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請