東京五輪閉会式視聴率は46・7%…大竹しのぶ、東京スカパラダイスオーケストラなど登場

スポーツ報知
フィナーレで「ARIGATO」と表示されながら花火が打ち上がった

 8日に行われた東京五輪閉会式がNHK総合で中継され、番組前半(午後7時58分~同8時49分)の世帯平均視聴率が46・7%だったことが10日、分かった。個人視聴率は31・5%だった。なお、番組後半(午後9時23分~同10時)は世帯39・8%、個人27・1%だった。

 閉会式のフィナーレでは、聖火台の火が「月の光」の曲(冨田勲編曲)が流れる中で静かに消えた。直後には国立競技場の屋根から花火が打ち上がり、電光掲示板には「ARIGATO」の文字が映し出された。

 また、2020年にNHK紅白歌合戦に出場したシンガー・ソングライターのmilet(ミレイ)が、東京スカパラダイスオーケストラの演奏で、フランスの楽曲シャンソンの中でも有名な「愛の讃歌」を日本語歌詞で歌い上げた。

 鮮やかな青色の衣装で登場したソプラニスタの岡本知高は「オリンピック賛歌」を英語で熱唱し、式の最後には女優・大竹しのぶが、宮沢賢治が作詞作曲した「星めぐりの歌」を、杉並児童合唱団と共に熱唱。2024年五輪が開催されるパリからの映像も流れた。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請