【侍ジャパン】五輪決勝戦中継は東京五輪競技トップの高視聴率37・0%!米国破り悲願の金メダル

スポーツ報知
金メダルを獲得し歓喜の侍ジャパン・ナインたち

 日本代表「侍ジャパン」が悲願の金メダルを獲得した7日の東京五輪野球決勝はNHK総合で中継され、勝利の瞬間を伝えた番組後半(午後8時34分~同10時5分)の世帯平均視聴率が37・0%だったことが10日、分かった。東京五輪の競技放送の中でトップの高視聴率となり、個人視聴率は23・5%だった。

 なお、午後9時58分に世帯44・2%。個人28・2%の瞬間最高視聴率を記録。番組前半(午後7時半~8時29分)は世帯30・4%、個人19・1%だった。

 侍ジャパンは公開競技だった1984年ロサンゼルス五輪以来37年ぶりで、正式種目としては初の快挙を成し遂げた。3回に村上(ヤクルト)のソロで先制。8回に吉田正(オリックス)の中前安打に相手失策も絡んで貴重な2点目を奪った。投げては森下(広島)、千賀(ソフトバンク)、伊藤(日本ハム)、岩崎(阪神)、栗林(広島)の5投手が無失点リレーでつないだ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能

×