東京五輪組織委・武藤事務総長「人類の危機の中での開催は大変重い決断」閉会式から一夜明け総括

スポーツ報知
武藤敏郎事務総長

 東京五輪組織委の武藤敏郎事務総長が閉会式から一夜明けた9日、都内で大会を総括した。新型コロナウイルスによる1年延期を経ての開催には賛否両論あったが「めったにない人類の危機の中での開催はたいへん重い決断だった。開催ありきという批判を耳にするが、そう単純なものでもなくて、途中いろいろな検討をした」と振り返った。

 大会中、アスリートは開催への感謝を言葉にすることが多かった。「開催に感謝してもらったことで、開催してよかったと思う。閉会式近くになると世論も開催してよかったという意見がだんだん増えてきたと理解している」と、風向きが変わってきたと受け止めた。

 コロナだけでなく、大会直前までゴタゴタが続き「1年延期が決まってからは非常に長く感じた。ここまでの道のりで困難にも直面したが、一つ一つ相談しながら解決して、山や谷を越えてきた」と感慨に浸った。

 「開催すること、しないことの意義やメリットを慎重に考えていくと、コロナさえうまく抑制できれば開催できるというのが決断だった。いろんな意見の中で開催したことの意義は重要だった」とまとめた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請