「こんなにコントロールされた五輪見たことない。日本はすごい」…バブルに不満の海外お偉いさんに変化

スポーツ報知
閉会式で活動を称えられたボランティア(ロイター)

◆東京五輪 閉会式(8日・国立競技場)

 東京で57年ぶりに開催された五輪は8日、国立競技場で閉会式が行われ、17日間の戦いに幕を下ろした。新型コロナウイルスの影響で史上初めて開催が1年延期となり、緊急事態宣言下の東京を中心に、日本が獲得したメダルは金27、銀14、銅17となり、前回のリオデジャネイロ大会の41個を上回る史上最多58個を記録した。金メダルは「30個」の目標に届かなかったが、1964年東京、2004年アテネの最多16個を更新し、自国開催の祭典を彩った。次回の夏季五輪は24年、フランス・パリで開催される。

 * * *

 五輪という生き物の、私が触れられたのはほんの一部分に過ぎないだろう。にもかかわらず、多くの心を打つ瞬間に出会えた。

 空手形で沖縄初の金メダリストとなった喜友名諒。試合後、彼は武道館の畳の真ん中で一礼し、亡き母に勝利を報告した。その場面には少し続きがある。

 立ち上がった彼は、無観客の四方のスタンドに深々と礼をした。ガッツポーズをするでもなく、笑みを浮かべるでもない。ただあらゆるものへの感謝を、武芸者らしい所作に込めたのだった。

 五輪は祭典や祝祭と言い換えられる。祭りは本来、神様や季節への感謝をささげる儀式だ。大会中、ありとあらゆる選手が、開催への感謝を口にしていた。祭りであることにばか騒ぎは必要なく、心ひとつあればきっと十分なのだ。

 大会前の逆風の厳しさは、過去に類を見なかった。「普通に考えたら中止だ。でも上がやるというからやるしかない」とまで語っていた人もいた。ただ、各会場に足を踏み入れ、移動し、開閉会式を見て感じたのは、ここまでの周到かつ膨大な準備を全て無に帰すという作業の困難さでもあった。

 まがりなりにも閉幕の日を迎えられたのはなぜだったか。海外から来たお偉いさんの中には、バブル生活に不満を言っていた人も少なくなかったと聞く。しかし、徐々に彼らの心情にも変化が起きていたという。「今までこんなにコントロールされた五輪は見たことがない。日本はすごい」というふうに。そういう空気をつくったのは、ひとつにはボランティアや警備の人たちだったろう。彼らとあいさつを交わすたびに思ったものだ。派手な供応がなくとも、ここに「おもてなし」があるではないか。

 「五輪のミッションは変わってきた」とある関係者は指摘する。「以前は平和の祭典というのがひとつのお題目だった。しかし、この東京五輪を通じて、もはや別次元になった」

 五輪はコロナ禍にあって全てを解決してくれるかのように言われてきたが、もちろんそれは幻想だ。環境や難民のこと、ジェンダーやメンタルヘルス…スポーツには多くの問題が付随する。感動を生み出しつつ、多くのテーマを世に問いかけていくのが、求められる役割となるだろう。

 喜友名が日の丸を持って国立競技場を横切る。五輪は様々な矛盾をはらんだまま世界を巡る。おそらく日本でしか作り得ない祭りは、ここに完結した。(五輪担当サブキャップ・太田倫)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請