ブレイクダンスの半井重幸、スポクラの伊藤ふたば…3年後のパリ五輪で輝く期待の新星たちを紹介

スポーツ報知
半井重幸

 東京五輪が8日に閉幕した。次の夏季大会の舞台は3年後のフランス・パリ(2024年7月26日~8月11日)となる。スポーツ報知では五輪初出場が期待される「パリの星」をいち早く紹介。唯一、新種目として採用される「ブレイクダンス(ブレイキン)」では国際大会で46回の優勝を誇る半井(なからい)重幸(19)が金メダル候補のひとりだ

 東京大会の新種目は日本勢のメダルラッシュに沸いた。パリ大会の新種目、ブレイクダンスでも金メダルの有力候補がいる。ダンサーネーム「Shigekix」こと半井は20年11月、世界のトップ選手が集まる国際大会「Red Bull BC One World Final」で史上最年少18歳で初優勝した。東京五輪期間中に五輪公式YouTubeチャンネルにアップされた動画にも登場。競技の顔としての活動も行っている。

 ブレイクダンスは、1970年代に米ニューヨークで生まれたとされるストリートダンスの一種。ブレイキンともいわれ、音楽に合わせて、体全体を使い、回ったり、跳ねたりするアクロバチックな動きが魅力で、若い世代を中心に国内の愛好家は100万人を超える。文化から発展し、18年10月のユース五輪(アルゼンチン・ブエノスアイレス)で競技として初採用された。日本のレベルは高く、半井は銅メダル、女子の河合来夢(らむ、20)は金メダルを獲得した。

 国際大会46回優勝を誇る半井にとって、五輪は「新たに大きなモチベーションにつながる目標」。世界中を魅力するダンスで初代王者に輝く。

 ◆ブレイクダンス競技 1対1で交互に踊り採点で競い、1試合は2~4ラウンド。〈1〉トップロック(立って踊る)〈2〉フットワーク(かがんだ状態での足技)〈3〉パワームーズ(頭や肩など全身を使い回り跳ねる)〈4〉フリーズ(一連の流れから音楽に合わせて体、動きを止める)が基本技。大会ごとに採点基準は異なり、日本では絶対評価審判方式を導入している。〈1〉技術〈2〉表現〈3〉構成/完成度〈4〉バトル(戦術、反応)の4項目を各10点満点で評価。意表を突く技などは「サプライズ」で最大3点の加点。同じ技を繰り返す、崩れる、相手を押す、罵倒するなどは減点対象。

 ◆半井 重幸(なからい・しげゆき)2002年3月11日、大阪・大阪狭山市生まれ。19歳。姉・彩弥(あやね)の影響で7歳からダンスを始める。11歳から世界の大会に挑戦し数々のタイトルを手にする。18年ユース五輪銅メダル、19年第1回日本選手権優勝。インスタグラムのフォロワーは10万人を超える。166センチ、58キロ、足のサイズは26センチ。

 ◆ポスト野口啓代…スポーツクライミング伊藤ふたば

 届きそうで届かなかった東京の舞台。スポーツクライミングで国内トップ級の実力を誇る伊藤ふたば(19)=TEAM au=にとって、3年後は“倍返し”が出来る舞台だ。パリ大会ではスピードが独立し、複合(ボルダリング&リード)と2種目が実施される。伊藤は両種目で出場を狙える存在だ。

 今春、高校を卒業。より競技に集中できる環境になっている。「お姉ちゃんのような存在」という野口啓代が銅メダルを花道に現役を引退。銀メダルの野中生萌とともに現役を引っ張り、世界の頂点に上り詰める。

 ◆伊藤 ふたば(いとう・ふたば)2002年4月25日、盛岡市生まれ。19歳。盛岡中央高卒。小3から競技を始め、17年ボルダリング・ジャパンカップ(JC)で初優勝、14歳9か月は史上最年少。20年はボルダリング、スピードJC2冠。今春からプロ転向。160センチ。

 ◆NY生まれ 令和の三四郎…柔道90キロ級・村尾三四郎

 英才教育を受けてきた「令和の三四郎」は、次世代の柔道界をけん引するスター候補の1人だ。90キロ級の村尾三四郎(20)=東海大=は、今年のグランドスラム・カザン大会で優勝。19年世界選手権団体戦で金メダルの経験はあるが、父が日本人、母が米国人のホープが、国際大会の個人戦で結果を残した。

 5歳で柔道を始めた時は92年バルセロナ大会86キロ級銅の岡田弘隆氏、桐蔭学園高時代は04年アテネ大会73キロ級代表の高松正裕氏に師事。大学も五輪選手を輩出している東海大に進んでいる。国際舞台で自らの強さを磨き、90キロ級王座奪回に挑む。

 ◆村尾 三四郎(むらお・さんしろう)2000年8月28日、米ニューヨーク生まれ。20歳。2歳で日本に移り、茨城県内に引っ越した5歳から柔道を始める。18年世界ジュニア90キロ級銀。19年世界選手権団体金メダル。父は日本人で母が米国人。左組み。180センチ。

 ◆世界最強証明…バド女子複・志田千陽、松山奈未

 世界最強とうたわれながら、東京ではメダルに手が届かなかったバドミントン女子ダブルスで、次を担うのが、志田千陽(24)、松山奈未(23)=再春館製薬所=の“シダマツ”ペアだ。別の高校ながら、ジュニア世代だった2014年の国際大会からペア結成。15年世界ジュニアで銅メダルを獲得した。1学年違うため、一時期はペアを組まなかったが、再春館製薬所で再結成。現在は世界1位の“フクヒロ”、同3位の“ナガマツ”に次ぐ日本勢3番手の世界10位にランク。持ち前の速い攻撃とコンビネーションに磨きをかけ、偉大な先輩たちを追い越した先にパリのメダルが見えてくる。

 ◆志田 千陽(しだ・ちはる)1997年4月29日、秋田・八郎潟町生まれ。24歳。6歳からバドミントンを始め、15年世界ジュニアで松山とのペアで女子ダブルス銅。16年、再春館製薬所に入社。19年韓国マスターズなど優勝。162センチ。

 ◆松山 奈未(まつやま・なみ)1998年6月28日、北九州市生まれ。23歳。小学1年からバドミントンを始め、15年世界ジュニア女子ダブルス銅、16年同金。17年、再春館製薬所に入社し志田とペアを再結成。167センチ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請