【閉会式】東京五輪が閉幕…花火と「ARIGATO」17日間の熱戦に幕…

スポーツ報知
「ARIGATO」と表示された電光掲示板(ロイター)

◆東京五輪 閉会式(8日、国立競技場)

 閉会式のフィナーレでは、聖火台の火が「月の光」の曲(冨田勲編曲)が流れる中で静かに消えた。直後には国立競技場の屋根から花火が打ち上がり、電光掲示板には「ARIGATO」の文字が映し出された。

 1964年東京五輪の閉会式の最後に出された「SAYONARA」と同じフォントで、2大会の連続性を感じさせつつ、コロナ禍で開催にこぎつけたことへの思いを込めたメッセージになった。

 今大会の日本選手団は、史上最多となる58個のメダルを獲得。大会組織委の橋本聖子会長は「東京大会でオリンピアンの皆さんが描いた軌跡は、どんな言葉でも表すことができないくらい素晴らしい。どうかこの景色を忘れず、自信と誇りを持って未来に語り続けて下さい。アスリートとスポーツの力によって、未来への扉が開かれました。2024年パリ大会へつながれていくと信じています」とあいさつした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請