【閉会式】バッハ会長のスピーチは約7分…開会式の13分からほぼ半減

スポーツ報知
バッハ会長(ロイター)

◆東京五輪 閉会式(8日、国立競技場)

 東京五輪の閉会式で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長があいさつをし、約7分で終えた。

 開会式でのあいさつは、約13分間にも及び、ほぼ半減。開会式では国立競技場に座り込む選手や“ごろ寝”する選手も見られた。

 閉会式の前に先立って都内で開かれたIOC総会に出席。7月23日の開会式を振り返り、「実現できるか分からない時もあったが、2週間前の開会式で開催できると思った。無観客開催で魂の抜けた大会になるのではないか、亡霊のような大会だと言う人もいたが、選手が魂を吹き込んだ」と語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請