ラストレースの五輪マラソンで6位の大迫傑 2時間10分41秒は日本勢五輪最速タイム

スポーツ報知
力走する大迫傑

◆東京五輪 男子マラソン(8日・札幌市)

 世界記録(2時間1分39秒)保持者で、非公認では1時間59分40秒を記録したエリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間8分38秒で圧勝した。衰え知らずの36歳が前回の2016年リオ五輪に続き、金メダルを獲得した。

 アブディ・ナゲーエ(オランダ)が2時間9分58秒で銀メダル。バシル・アブディ(ベルギー)が2時間10分0秒で銅メダルを獲得した。

 今大会をラストレースと表明した大迫傑(ナイキ)が2時間10分41秒で6位だった。

 中村匠吾(富士通)は約3・5キロで先頭集団から遅れ、2時間22分23秒で62位。服部勇馬(トヨタ自動車)は20キロ過ぎに先頭集団から遅れ始めた後、大幅にペースダウンし、2時間30分8秒の73位でゴールにたどり着いた。

 大迫が記録した2時間10分41秒は、条件が全く異なるものの、過去の五輪で日本代表が記録したタイムで最も速い。

 これまでの最速は1984年ロス五輪4位の宗猛で2時間10分55秒。次いで1998年ソウル五輪4位の中山竹通で2時間11分05秒。

 日本代表として1936年のベルリン五輪に出場し、金メダルを獲得した孫基禎さん、銅メダルを獲得した南昇竜さんを含め、1964年東京五輪銅メダルの円谷幸吉さん、1968年メキシコ市五輪銀メダルの君原健二さん、1992年バルセロナ五輪銀メダルの森下広一さんらメダリストをはじめ、順位では大迫以上の成績を残した選手が多くいるが、タイムでは大迫が最速。ラストレースで大迫傑が、ひとつの伝説を残した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請