五輪関連のコロナ陽性者は436人に、選手は32人…組織委が発表

スポーツ報知
国立競技場

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は8日、参加選手を含め、大会関連の新型コロナ検査の陽性事例は、検査を開始した7月1日以降で、計436人に上ったと発表した。うち選手村の滞在者は32人だった。8日に新たに加わったのは26人だった。

 陽性反応があった国内在住者は286人で、海外在住者は150人。436人の内訳としては事前キャンプ地で陽性が判明した6人も含まれたとした。コーチなどは112人、選手32人、報道関係者は25人、ボランティアでは21人となり、組織委の職員は10人だった。

 7月23日から8月8日までの五輪の開催期間中では、選手村でギリシャのアーティスティックスイミングチームの選手ら関係者12人中6人が感染するクラスターが1件発生していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請