【DeNA】楠本泰史がオースティンいぬ間に猛アピール サヨナラ打、猛打賞でエキシビ打率4割5分

スポーツ報知
9回2死二塁、楠本泰史は二塁へのサヨナラとなる適時内野安打を放つ

◆エキシビションマッチ DeNA5×―4オリックス(8日、京セラドーム)

 ビジターながら後攻だったDeNAが、3点を追う9回に4点を奪ってサヨナラ勝ちした。最後は同点の2死二塁で楠本泰史外野手が、二塁へサヨナラの適時内野安打を放った。

 エキシビションマッチで好アピールを続けている。「9番・指名打者」でスタメン出場すると、6回先頭の2打席目に一塁方向へのセーフティーバントを成功させて出塁。8回1死の3打席目は三遊間を破る左前安打を放った。サヨナラのチャンスで迎えた9回の4打席目は5球連続ファウルで粘り、9球目のフォークに食らいついて値千金の内野安打をもぎ取った。

 エキシビションマッチとはいえ、チームの連敗を4で止める一打に「最後まで前の打者の皆さん、諦めずにつないでくれたチャンスだったので、なんとか自分が返すと思って食らいつけたのがよかった」と納得。三浦監督も「セーフティーで塁に出たり、逆方向に打ったり、最後は粘ってサヨナラにつなげた。チームにいい刺激を与えてくれたらなと思ったので、きょうはいい形で出してくれたと思います」とたたえた。

 DeNAの外野には左翼から佐野、桑原、オースティンと絶対的なレギュラーが君臨。前半戦は30試合で1本塁打4打点、打率2割2分2厘に終わった。後半戦へ向けて、エキシビションマッチは7試合に出場して20打数9安打で打率4割5分。オースティンが米国代表で東京五輪に出場して不在の中、出場機会を生かし「自分の立場が確約されている選手ではないので、このエキシビションマッチは絶対アピールするという強い気持ちを持って、競争に勝つと思って挑んでいます」と気合十分だ。

 小、中学時代は楽天・松井と同じ学校で同学年だった。花咲徳栄高を経て進んだ東北福祉大では大学日本代表で4番も経験。プロ4年目の今季は、5月にはイースタンでサイクル安打を記録するなど、1軍定着に少しずつ近づいている。「(DeNA外野は)絶対的な3人なので、食い込むという気持ちは絶対に諦めてはいけないと自分に言い聞かせている。その3人以外には絶対負けたくないし、3人にも追いついて、追い越さないと(1軍には)しがみつけない」。後半戦での活躍に注目だ。

 ◆楠本 泰史(くすもと・たいし)1995年7月7日、大阪・吹田市生まれ。26歳。中3時に楽天・松井とともに横浜緑東シニアで全国制覇。花咲徳栄では3年春にセンバツ出場。東北福祉大では1年秋からレギュラー。大学日本代表では4番も務めた。17年ドラフト8位でDeNA入団。19年にはNPB史上2人目となる初アーチが代打逆転満弾。プロ4年間でここまで通算153試合に出場して3本塁打13打点、2割3厘。180センチ、82キロ。右投左打。背番号「37」。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請