男子マラソン6位の大迫傑がSNSで思いつづる「誇れるレースが出来た」「何事にも変えがたい勝利」

スポーツ報知
男子マラソン 6位入賞でレースを終えた大迫傑(中央)は膝に手をつきコースを見つめる

 東京五輪男子マラソン代表大迫傑が自身のインスタグラムを更新した。6位入賞し、改めて五輪への思いを語った。

 「多くの日本メダリストが誕生した東京オリンピック。それに比べると僕の結果はちっぽけかもしれません。でも、今まで真っ直ぐに頑張ってきた自分に、そして今まで僕の『真っ直ぐ』を倒れない様に支えてくれた人たちに、誇れるレースが出来た。その事が僕にとっては何事にも変えがたい勝利です」

 フォロワーからは「お疲れさまでした」「感動ありがとう」など激走をねぎらう言葉が並んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請