【DeNA】“モリマキ”コンビで5連敗阻止 9回2死から森敬斗安打、牧秀悟2ランでサヨナラ呼び込む

スポーツ報知

◆エキシビションマッチ オリックス―DeNA(8日、京セラドーム)

 エキシビションマッチ4連敗中だったDeNAは、3点を追う9回に4点を奪ってサヨナラ勝ちして連敗を止めた。この日はビジターでの試合ながら後攻。オリックス相手に京セラDでサヨナラという珍しいシーンとなった。

 3点を追う9回。先頭の関根が右中間への三塁打で出塁。1死三塁から宮崎の遊ゴロで1点を返したが、2死走者なしとなった。それでも2点を追って、途中出場の森が5試合連続安打となる右前安打で出塁。続く牧が右中間席へ同点2ランを放ち「捉えた感触は良かったです。エキシビションマッチとはいえ負けが続いていたので、追いつくことができうれしいです」と興奮気味に振り返った。

 将来の二遊間として期待される“モリマキ”コンビで追いつくと、さらには柴田が四球を選び、代走宮本が二盗。2死二塁から最後は楠本がこの日3安打目となるサヨナラ打をはなった。楠本は「最後まで前の打者の皆さん諦めずにつないでくれたチャンスだったのでなんとか自分が返すと思って食らいつけたのがよかった」とホッとしたように笑顔を見せていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請