五輪6位でラストレースとなった大迫傑に瀬古利彦氏「もったいない。今度、話を聞いてみます」

スポーツ報知
日本陸連長距離・マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダー

◆東京五輪 男子マラソン(8日・札幌市)

 世界記録(2時間1分39秒)保持者で、非公認では1時間59分40秒を記録したエリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間8分38秒で圧勝した。衰えを知らない36歳が、前回の2016年リオ五輪に続き、金メダルを獲得した。

 アブディ・ナゲーエ(オランダ)が2時間9分58秒で銀メダル。バシル・アブディ(ベルギー)が2時間10分0秒で銅メダルを獲得した。

 今大会をラストレースと表明した大迫傑(ナイキ)が2時間10分41秒で6位入賞と健闘した。1992年バルセロナ五輪で銀メダルを獲得した森下広一以来、29年ぶりのメダル獲得はならなかったが、2012年ロンドン五輪で6位となった中本健太郎以来、9年ぶりの入賞を果たし、有終の美を飾った。

 大迫の早大の先輩でもある日本陸連長距離・マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダーはオンライン会見で「一時はメダルを狙えると思わせたほどの追い込みはさすがだった」とたたえた。大迫が今大会をラストレースとしたことに「もったいない。今度(大迫に)話を聞いてみます」と翻意を促す考えを明かした。

 30キロ過ぎにスパートしたキプチョゲが2大会連続で金メダルを獲得。瀬古リーダーは「神が走っているのではないか、というほどの貫禄があった」と改めて驚嘆した。

 大迫が入賞した一方で中村匠吾(富士通)は約3・5キロで先頭集団から遅れ、2時間22分23秒で62位。服部勇馬(トヨタ自動車)は20キロ過ぎに先頭集団から遅れ始めた後、大幅にペースダウンし、2時間30分8秒の73位に終わった。瀬古リーダーは「(新型コロナウイルス感染拡大の影響で)五輪が1年延期されなければ、こんなことにはならなかったと思う」と気遣うように話した。

 男子では大迫が6位入賞。女子では一山麻緒(ワコール)が8位入賞。「入賞ではなく、もっと、期待されていたかもしれませんが、全体的に70点から80点でしょうか」と瀬古リーダーは東京五輪のマラソンを総括した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請