ラストレースの大迫傑が6位で男泣き 負けず嫌いの大迫をよく知る恩師・両角速監督「悔し涙にも見えた」

スポーツ報知
両角速監督

◆東京五輪 男子マラソン(8日・札幌市)

 世界記録(2時間1分39秒)保持者で、非公認では1時間59分40秒を記録したエリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間8分38秒で圧勝した。衰えを知らない36歳が、前回の2016年リオ五輪に続き、金メダルを獲得した。

 アブディ・ナゲーエ(オランダ)が2時間9分58秒で銀メダル。バシル・アブディ(ベルギー)が2時間10分0秒で銅メダルを獲得した。

 今大会をラストレースと表明した大迫傑(ナイキ)が2時間10分41秒で6位だった。

 中村匠吾(富士通)は約3・5キロで先頭集団から遅れ、2時間22分23秒で62位。服部勇馬(トヨタ自動車)は20キロ過ぎに先頭集団から遅れ始めた後、大幅にペースダウンし、2時間30分8秒の73位でゴールにたどり着いた。

 ラストレースの大迫は日本勢として唯一、30キロまで先頭集団に食らいつき、見せ場をつくった。キプチョゲが30・5キロでスパートすると、レースが大きく動いた。キプチョゲが独走、先頭集団が崩れた。大迫は35キロ地点をキプチョゲから51秒差、3位から24秒差の8位で通過した。その後、銀メダルと銅メダルを争う2位集団を必死に追って、40キロ地点では2位集団と18秒差の6位まで浮上。メダル獲得の可能性を示す大健闘を見せた。

 大迫はマラソン人生最後の2・195キロも激走し、6位でゴールに飛び込んだ。金メダルのキプチョゲと2分3秒差。銅メダルのアブディ(ベルギー)とは41秒差だった。1992年バルセロナ五輪で銀メダルを獲得した森下広一以来、29年ぶりのメダル獲得はならなかったが、2012年ロンドン五輪で6位となった中本健太郎以来、9年ぶりの入賞を果たし、有終の美を飾った。

 クールな大迫はゴール後に男泣き。「前を追ったが、縮まらず、6位で粘り切ろうと思った。次の世代は6位からメダル争いに絡めると思う」と汗と涙をタオルで覆いながら、感慨深く話した。ここまでの競技人生については「100点満点の頑張りができた」と言い切った。

 大迫の長野・佐久長聖高時代の恩師で、現在は東海大を率いる両角速監督は「メダル争いに迫るところまで頑張った。感動しました。同時に惜しかった、という思いもあります」と話した。

 両角監督は、佐久長聖高の教員と監督を兼務していた時、自らブルドーザーを操り、クロスカントリーコースを整備した。東京・町田市出身の大迫は、中学卒業後、両角監督の熱意と練習環境にひかれ、佐久長聖高の門をたたいた。「とにかく1番にこだわる選手で、負けず嫌いでした。寮の靴置き場も絶対に『1番』の場所を譲らなかった」と両角監督は懐かしそうに話す。

 大迫の性格をよく知る両角監督は「レース後のインタビューで『100点満点です』と泣いていましたが、私には悔し涙にも見えましたね。本当に負けず嫌いな男ですから」と、大迫を思いやるように話した。

 大迫は厚い信頼を寄せる両角監督には1年以上も前に重大決心を明かしていた。「(2020年3月に)東京五輪の代表になった後、傑から『東京五輪をラストレースに考えています』という報告を受けました。私は『そうか』と、だけ答えました。その後、東京五輪が1年延期になり、ラストレースも1年延期となりましたが。東京五輪を締めくくりにする、というのは傑の予定通りだったと思います。最後を決めているから集中して頑張れたのでしょう」と両角監督は、戦い続けた大迫をねぎらうように話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請