中村憲剛氏が総括、五輪4強は「日本の積み上げ」 世界に食い込むため議論が必要

スポーツ報知
3位決定戦の明暗。喜ぶメキシコ代表と悔しがる久保建英、堂安律

 中村憲剛氏が東京五輪で4位に終わったU―24日本代表の戦いを総括。4強入りを「日本の積み上げ」と評価する一方、6日の3位決定戦でメキシコに1―3で敗れた試合を振り返り、世界上位に食い込む策をサッカー界全体で議論していく必要性を訴えた。

 * * *

 4位に終わった。日本サッカーの積み上げをメダルという形にしてほしかったが、ラスト2試合で「まだメダルは早い」と言われているような気がしてならなかった。国際大会で4強に進んだことは評価されるべきだと思う。一方で準決勝で対戦したスペイン、3位決定戦のメキシコから、その先に進むために必要なことを教えてもらった。

 メキシコ戦では日本の動きが重く見えた。特に遠藤は見ている方がかわいそうに思うくらい辛そうだった。中2日で6試合を戦う日程に起因するが、相手も同じ条件。前線からのハードワークをベースにする日本にとっては高温多湿に慣れているとはいえ、負担は大きかった。特に遠藤、田中のボランチ2人をうまく入れ替えられなかったことの影響が終盤戦で出た。

 高い次元でプレーしていた2人は、確かに替えづらい。ただ、スペインなどはコレクティブ(組織的)なプレーができなければ、OAや違いを作れる選手関係なく、先発から外れた。国力が問われるシーンの一つで、選手層の底上げ、拡大が必要だと感じる。また、国際大会で特定の選手がいないと勝てないという試合を減らせるかが重要だが、後進国の日本はまだ多いのが現実だ。

 試合後、世界との差に危機感を口にする選手たちの言葉を読み、私は日本サッカー界への警鐘と受け取った。各カテゴリーの指導者、監督を含めたサッカー界全体で、世界に食い込むための議論をしていかなければならない。何ができて、何が足りなかったのか。精査して施策を打つ。これまでと同様に丹念に続けていくしかない。大事なのは敗戦を糧にできるか、どうかだ。(中村憲剛=元日本代表、川崎MF)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請