米国・ソーシア監督「大変強いチームだった」「規律のあるチーム」侍ジャパンたたえる

スポーツ報知
稲葉監督(左)と米国代表のソーシア監督(ロイター)

◆東京五輪 野球 決勝 日本2―0米国 (7日・横浜スタジアム)

 侍ジャパンが悲願の金メダルを獲得した。公開競技だった1984年ロサンゼルス五輪以来37年ぶりで、正式種目としては初の快挙を成し遂げた。3回に村上(ヤクルト)のソロで先制。8回に吉田正(オリックス)の中前安打に相手失策も絡んで貴重な2点目を奪った。投げては森下(広島)、千賀(ソフトバンク)、伊藤(日本ハム)、岩崎(阪神)、栗林(広島)の5投手が無失点リレーでつないだ。

 長らくエンゼルスの監督を務めた経験も持つソーシア監督は準々決勝、決勝と2連敗を喫した侍ジャパンをたたえ「大変強いチームだった。しっかり規律のあるチーム。日本を祝いたいと思う。大変高いレベルの試合で、特別な試合だった。我々も銀メダルを取ったことを立派で、誇りに思う」とうなずいていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請