増田明美さんが指摘、一山麻緒の力の源は疲れた状態からさらに追い込む「鬼・鬼メニュー」

スポーツ報知
増田明美さん

◆東京五輪 陸上 女子マラソン(7日、札幌大通公園)

 女子マラソンは、一山麻緒(24)=ワコール=が2時間30分13秒で8位入賞した。日本勢として、金メダルを獲得した野口みずきら3人全員が入賞した04年アテネ大会以来、17年ぶり。鈴木亜由子(29)=日本郵政グループ=は2時間33分14秒で19位、前田穂南(25)=天満屋=は2時間35分28秒で33位だった。ジェプチルチル(ケニア)が2時間27分20秒で優勝した。

 日本勢が前半にペースを作って主導権を握れればよかったのですが、飛び出しきれずにスローな展開になりました。後半はケニア勢がスパートをかけて、次々と先頭集団の人数を削っていく、得意の形になりましたね。タイムを見ても、後半は前半のハーフと比べて3分ほど速くなっています。文字通り、世界一を争うタフなレースで、一山さんは粘った。8位と9位では全然違います。よく17年ぶりの入賞を飾ってくれました。

 一山さんの力の源は、やはり練習量。疲れた状態からさらに追い込むような、通称“鬼・鬼メニュー”をこなし、けがと紙一重の練習を積み重ねてきた強さがあります。耐えた一山さんも素晴らしいし、“鬼”になれた永山監督もすごい。パリ五輪に向けては、主導権を握る積極的な走りで金メダルを目指してほしいです。(84年ロス五輪代表、スポーツジャーナリスト・増田明美)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請