【侍ジャパン】坂本勇人「ひとつの夢」「感無量」…打率3割3分3厘に犠打もこなし悲願金メダル

スポーツ報知
優勝して喜ぶ坂本勇人ら侍ジャパンナイン

◆東京五輪 野球 決勝 日本2―0米国 (7日・横浜スタジアム)

 侍ジャパンが悲願の金メダルを獲得した。公開競技だった1984年ロサンゼルス五輪以来37年ぶりで、正式種目としては初の快挙を成し遂げた。3回に村上(ヤクルト)のソロで先制。8回に吉田正(オリックス)の中前安打に相手失策も絡んで貴重な2点目を奪った。投げては森下(広島)、千賀(ソフトバンク)、伊藤(日本ハム)、岩崎(阪神)、栗林(広島)の5投手が無失点リレーでつないだ。

 全5試合に「2番・遊撃」で出場した巨人・坂本勇人内野手は「東京オリンピンクが開催されると決まってから僕のひとつの夢でした。金メダルが獲れて感無量です」と振り返った。「本当にタフなゲームが続いていた。ホッとした気持ちが一番でした。このプレッシャーだったり、いろんな重圧の中でみんなで戦ってきたのでね。みんなのホッとした顔を見てうれしかったです」とコメントした。

 今大会は初戦のドミニカ共和国戦でサヨナラ打を放つなど、打率3割3分3厘。決勝でも1点リードの8回無死一塁で犠打を決めてダメ押し点につなげるなど、つなぎ役での働きも光った。最後は二塁手の菊池涼(広島)から送球されたボールを受け取ってウィニングボールを手にすると、両手を挙げて跳ね、喜びを全身で表していた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請