韓国がまさかの敗戦でメダル逃す 7回までリードも元阪神・呉昇桓の5失点大乱調が誤算

スポーツ報知
メダルを逃した韓国ナイン(ロイター)

◆東京五輪 野球 3位決定戦 ドミニカ共和国10―6韓国 (7日・横浜スタジアム)

 韓国が3位決定戦でドミニカ共和国に逆転負けを喫し、メダルを逃した。08年北京五輪では金メダルに輝いたが、日本、米国、ドミニカ共和国に3連敗で大会を終えることになった。

 初回に先発の金民宇(キム・ミンウ)が2者連続本塁打を浴びるなどいきなり4失点。初回から継投に入る厳しい展開となったが、3点を追う5回にドミニカ共和国先発、元中日の43再左腕・バルデスを攻略して逆転した。1点リードの8回には、逃げ切りへ向けて6番手として元阪神で日米韓通算444セーブの39歳守護神・呉昇桓(オ・スンファン)を投入したが、これが誤算だった。

 1死満塁から暴投で追いつかれると、元巨人のフランシスコに左中間への2点適時二塁打を浴びて勝ち越しを許すと、続くミエセスに2ランを被弾。1アウトしか奪うことが出来ずに、4安打5失点で降板。お祭り騒ぎとなったドミニカ共和国ベンチを、呉昇桓はベンチに腰掛けてぼう然と見つめることしか出来なかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請