女子マラソンスタート1時間繰り上げに一山麻緒「寝ていたら知らされた」…選手たちも直前に把握

スポーツ報知
ゴールに向かって力走する一山麻緒(カメラ・山崎 賢人)

◆東京五輪 陸上 女子マラソン(7日、札幌大通公園)

 女子マラソンはジェプチルチル(ケニア)が2時間27分20秒(記録は速報値)で金メダルを獲得した。16秒差でコスゲイ(ケニア)が銀メダル、さらに10秒差でサイデル(米国)が銅メダルだった。

 日本勢は一山麻緒(ワコール)が2時間30分13秒で8位に入賞した。日本勢として、2004年アテネ五輪で金メダルを獲得した野口みずき以来、17年ぶりのメダル獲得はならなかった。それでも、金メダルの野口をはじめ、5位の土佐礼子、7位の坂本直子と3人全員が入賞した04年アテネ五輪以来の入賞を果たした。鈴木亜由子(日本郵政グループ)は2時間33分14秒で19位、前田穂南(天満屋)は2時間35分28秒で33位だった。

 レースは午前7時からの予定だったが、号砲11時間前にあたる6日午後8時に「1時間前倒しの午前6時スタート」へ変更することを組織委が発表。暑さなどを考慮してのことだったが、直前すぎる異例の変更だった。一山は「コンディションはみんな同じ」としながらも「夜寝ていたら知らされた。19時には布団に入っていたので…。目が覚めてしまって、朝寝た感じ」と就寝後にスタッフから起こされて事態を把握したという。鈴木は「夕食を食べ終わって、あとは寝るだけという時に、監督から『大事な話がある』と言われて…」。選手たちも直前まで変更を知らなかった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請